映画・テレビ

2013年5月25日 (土)

「図書館戦争」近い将来の日本社会を暗示していると考えるのは、考え過ぎ?

もう3週間前になるが、連休にどこにもいかなかったので、5日に家族3人で「図書館戦争」を見に行った。どちらかと言えば、原作を読んでいた妻と息子が勧めるのでしょうがなく、と言った感じで行ったのだが、予想に反してかなり面白かった。話の筋は単純で、「公序良俗に反する、所謂俗悪本に触発されて凶悪犯罪が多発したことをきっかけに、そうした本の規制が始まり、それが表現の自由の規制、本を読む(知る)権利の規制へと広がってゆく。そして、図書館が、図書館法を盾に表現の自由や知る権利を護る最後の砦となり、それを守る組織として結成された図書隊と政府(権力)側の部隊との死闘が始まる。その過程での図書隊隊員たちの表現の自由や知る権利を護る強い思いや、権力側の、「公序良俗を護る」と言う美命の裏に隠されたどす黒い思惑を描く」と言う内容である。おおよそあり得ない設定なのだが、一見世のためになるように見えるほんのちょっとした法改正が、世の流れを大きく変えてしまい、元に戻る術もなく、社会が危険な方向へと暴走してゆく様子が解り易く描かれている。

 

折しも憲法改正論議が巻き起こり、第二次世界大戦における日本の行為に対する歴史認識を修正しようとする動きが急に顕在化してきた。いわゆる村山談話の背景や、近隣諸国を含めての歴史の共通認識確立への地道な努力を知ることなく、個人的心情のみに基づき、他国の挑発に乗る形で、十分に議論することもなく安易に法律を変えようとする政治家の態度や、それに無関心、あるいは余りに鈍感な今の若い世代に不安を感じていた時期でもあったので、この映画が、こうした日本の若者達に、表現の自由や、知る権利を規制する権利を施政者に与える事の怖さを教えることを意図して制作されたのではないかとつい勘ぐってしまった。私の考えすぎだろうか?

2012年12月 9日 (日)

「007スカイフォール」はジュデイ・ディンチの引退興行だね

昨日、久しぶりに家内と映画を見に行った。「007シリーズ」の最新作、「スカイフォール」である。ダニエル・クレイグがボンド役になって3作目だ。ダニエル・クレイグはセクシーさにはやや欠け、濡れ場は少ないが、44歳の年齢にしてはアクションの切れが良い。中年も終わりに近づきつつある私としては、少し憧れを感ずる存在である。期待にたがわず、映画の開始から10分以上、手に汗握るアクションが続く。そして、MI6がテロリストのターゲットとなる筋書でストーリーは展開してゆく。007シリーズとしては珍しく、攻められる中での守りつつ危機をしのぎながらのストーリーが続き、ついに、テロリストのターゲットがMである事が明らかになる。Mを演ずるのは、齢78歳のジュデイ・ディンチ。今回が7回目だそうである。007シリーズに出てきた17年前から既に老けていたが、最近は視力が低下し、台本も満足に読めない状態なのだそうである。それを知った上でストーリーを思い起こすと、なるほどとうなずく点が多い。彼女の引退のために書き下ろした脚本という事なのだろう。007シリーズが50周年という事と合わせて考えると、ここいら辺で一度シリーズを締めて、次回に新装開店という事なのかもしれない。今回の舞台の一つであるマカオのそばの廃墟となった島として長崎の軍艦島が使われている事も、後で知って「ふーん」となった。いろいろ見どころも多く、007ファンでなくともそれなりに楽しめるのではないだろうか。ちなみに、私は、大学教養時代に、いとこと共に、今は亡き叔父に連れられて渋谷に007シリーズを見に行って以来のファンである。

2012年8月13日 (月)

「プロメテウス」は救いようがない映画だ

 色々と忙しくて、映画館へ行けない日が3か月近く続いた。40日におよぶ調査出張から帰った久しぶりの日曜、やっと映画に行く時間が出来た。シネコンのタイトルリストを見ると、この時期は子供向け、中高生向けがやたら多く、興味を引くタイトルがない。その中で、「プロメテウス」の先行上映の文字が目に入った。解説を見ると「人類はどこから来たのか?という、最も深遠にして根源的なテーマ。その謎を解き明かす重大なヒントを地球上の古代遺跡で発見し、宇宙船プロメテウス号に乗って未知の惑星を訪れた科学者チームの、想像を絶する運命を映し出す。」とある。今はやりのアストロバイオロジーを題材にしたSF映画か、と期待して映画館に行った。ところが、前半はまだよかったものの、後半に入ると目を背けたくなるような気持ちの悪い映像、救いようのないストーリー。もっと良く調べてから見るのだったと後悔しても後の祭り。加えて、登場する地質学者が軽薄で、しかも無残な最期を遂げる。アー、見なきゃよかった。しかし、こういう映画が一番嫌いなはずの妻が結構見ていて、「きっと続編があるわよ」と一言。意外な側面を今頃発見。

 内容をきちんと伝えない解説や予告編にも問題がある気がした。口直しに、もう一本見る必要がある。

2012年5月 6日 (日)

「宇宙兄弟」は予想外に面白かったね

連休の中でやっと晴れた5日、多摩川でジョギングをしたあとに家内と映画に行った。家内が、小栗旬がいいと言うので、まあ子供向けの映画だろうと余り期待もせずに「宇宙兄弟」を見た。子供の頃にUFOを見たのがきっかけで、宇宙飛行士を目指してその夢を術限させる兄弟の話だ。夢を迷わず追い続けて一足先に宇宙飛行士になった弟を演じるのが岡田将生、一旦夢を諦めて就職をするが、弟に刺激されて再び宇宙飛行士を目指す兄を演じるのが小栗旬だ。単純で子供向きのストーリーではあるが、大人でも楽しめるよう、いろいろ工夫がされていた。特に面白かったのが、6人の宇宙飛行士候補者を密室で共同生活させて適性を見る場面だ。JAXAの全面協力で施設は本物。多分、JAXAでは本当にこの様な訓練が行われているのだろう。それぞれのメンバーの微妙な心理状況や追い詰められた状況下での反応がよく描かれており、つい、学生の教育の三校になるのではという目で見てしまった。全体としてストーリーも良く練られており、十分楽しめた。しいて気になった点を言えば、月面での場面を、地球の重力を感じさせぬ様にもう少し工夫して欲しかった事と、弟が助かってからあとの場面を、余り説明しすぎず、余韻を残して終わって欲しかった事であろうか。

2012年3月25日 (日)

「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」は、文句なくおすすめだね

久しぶりに晴れた日曜日(3/25)、家内と一緒に「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」(原題:鉄の女)を見に行った。封切りから1週間が過ぎていたが、メリル・ストリープがアカデミー賞主演女優賞を取ったこともあってか、劇場はほぼ満席だった。マーガレット・サッチャーは1980年代(正確には19791990)の英国の首相で、彼女の在任の時期は、私が学位を取りアメリカに留学した前後の時期に当たるため、私には、きわめて印象が濃い。同時期にアメリカ大統領であったロナルド・レーガンや中曽根首相とともに、保守的で強硬な路線で世界を引っ張った政治家だった。

映画は、年老いて引退したサッチャーが、既に亡くなった夫の幻と語りながら昔を回顧する形で始まり、淡々と進んでゆく。彼女が、第二次大戦中に、政治家として毅然とした態度、行動を取る父親にあこがれ、家庭の主婦として一生を過ごすことを拒絶し、政治家として社会貢献に身をささげる道を選んだこと、自分の信念を押し通して突き進みヨーロッパで初めての女性の首相となったこと、その後もぶれることなく信念と論理性を重視する姿勢で数々の危機を乗り越え、崩壊寸前だったイギリスの経済と社会を救った様子、そして冷戦の終了とともに彼女の時代が終わったことなどが、コンパクトに解りやすく描かれている。

メリルは、1979年から現在に至るサッチャーを見事に演じている。昔のサッチャーを知る者にも全く違和感を与えず、毅然としたサッチャーの姿を自然体で演じている。アカデミー賞主演女優賞も取って当然と言える名演技である。高い志とぶれない信念を持って突き進んだ彼女の生きざまは、社会に出て男性に伍して仕事に生きてゆこうとする女性たちの参考になるだろう。また、1980年代を知る者にも、表面的にしか知らなかった(私の場合)当時のイギリスの社会背景が解って面白い。そして、経済的に行き詰まったイギリス社会、妥協ばかりを繰り返して問題解決に手を付けないイギリス政治の混迷の様子は、まるで今の日本を見ているようである。その行き詰った状況に風穴を開けて、イギリスを再生させたサッチャーの政治手腕は、今の日本にも必要なものだろう。老若男女すべての人にお勧め出来る映画である。

2012年3月10日 (土)

エコノミーでのヨーロッパ行きも映画があれば苦じゃないね

久しぶりの海外出張。ロンドン経由でニューキャッスルまで、併せて20時間の長旅である。今回は、早めに日程が決まったので、全日空201便ロンドン行きを予約した。機種はB777-300。シートも新しく、Displayも大画面で、洋画、邦画合わせて40近い映画から選び放題である。まず、日本では封切りされたばかりの洋画「タイム」を見た。金の代わりに余命の時間がやり取りされるという奇想天外というかバカバカしくも思える設定の近未来SFなのだが、拝金主義的がはびこり、生まれながらに不平等な今のアメリカ社会を痛烈に皮肉っているように思える映画で、主役二人の熱が入った演技も相まって、結構楽しめた。次に見たのは、やはり日本で現在上映中の「タンタンの冒険」。これは、CGアニメだが、時として実際の撮影と見間違うほどリアルな映像で、かえって気持ちが悪い。食事でワインを飲んだ後に見たこともあって、途中、うとうとと寝てしてしまった。ストーリーは、先ず先ずで、途中で眠りさえしなければ、それなりに楽しめただろう。3つめは、「サラリーマンネオ」。NHKのドラマの映画化である。それなりにバカバカしく、面白くはあったが、映画にする必然性は、全く感じられなかった。4つめは、ウィル・スミスの「I am a legend」、2007年のSF話題作である。さすがに話題作だけあって、そこそこ見応えがあった。そして5つめが「The Big Year」。ジャック・ブラック、ステイーブ・マーティン、オーウェン・ウイルソンの競演による2011年の日本未公開のコメディー映画である。バードウォッチを趣味とする以外は、それぞれ年齢も、職業も、居住地も生活レベルも違う3人が、1年のうちに何種類の鳥を観察できるかを競う競技会に参加する。仕事も家族もそっちのけで、お互いにけん制し合い、出し抜きあいしながら珍しい鳥を求めてアメリカ中を駆け回るうちに、徐々に友情が生まれ、あるいは互いを尊重し合うようになる。リラックスして見れて、なんとなくホットできる映画である。私にはバードウォッチングの趣味は無いが、引退したらやってみようかと思わせる映画でもあった。最後(6つめ)が「指輪をはめたい」。2011年暮れに公開された邦画である。結構人気若手俳優を集めているが、出来は今一か。成田からロンドンまで12時間余り。ひたすら映画を見続けたので、全く時間の長さを感じない旅だった。

2012年1月15日 (日)

ロボジーとリアル・スティールに思う、今庶民が求めるもの

今日封切られた「ロボジー」を家内と見に行った。予想以上の盛況で、1時間前にチケットを買いに行った時には、前から2列目しか残っていなかった。映画館は、多分、これほど入るとは思っていなかったようで、比較的小さな部屋を割り当てたのも、早々と席が無くなった原因だろう。

私がこの映画を見に行ったのは、予告編によるところが大きい。老人がロボットの中に入って、2足歩行ロボットの振りをするという、単純で馬鹿ばかしい設定に、妙に興味を引かれたのだ。他の多くの観客も同じではなかっただろうか?館内は満員で、子供連れ、中高生から、カップル、老夫婦まで幅広い客層だったのも、興味深い。

ストーリーは予告編そのままで、中堅の家電会社が宣伝のために、お荷物社員3人にロボット博覧会への参加を命ずる。しかし、開発は思う様には行かず、出場直前にロボットは暴走して壊れてしまう。首になる事を恐れた3人は、ロボットの体の中に人間を入れてロボットの振りをさせ、危機を乗り切ろうとする。そのため、着ぐるみショーのオーディションを装って、ロボットの体の中に入る人を募集する。そして、腰を痛めてぎこちない歩きをする老人に白羽の矢を立てる。あとは、期待通り、その「ロボジー」が様々な騒動を引き起こすのである。単純明快でバカバカしいが解り易い笑い満載の映画である。

思えば、3.11以来、地震、津波や放射能漏れ事故の影響を多くの人々が直接的、間接的に受け、悲しさや憤り、ストレスがたまる1年だった。しかも、特に放射能漏れ事故は明らかに人災であり、高度な科学技術を背景に金と権力を握って国を動かしていた一握りの人たちが自らの責務を怠っていた事が原因で、しかも事故後も自らの保身に終始し、それが更に被害を大きくした事に、やり切れない思い、やり場のない憤りを感じ続けた1年でもあった。だからこそ、人々は、家族や友人はもちろん、世代を超えて他人同士でも、皆で一緒に腹を抱えて笑える機会を求めていたのではないだろうか?ロボットはハイテクの象徴であり、それにヨレヨレの老人が入って動き、それが人気を博す、そのユーモラスで人間味あふれる動きに心の安らぎを求めているのではないだろうか?

そういえば、昨年暮れからロングランを続けている映画に「リアル・スティール」があるが、こちらもロボットを主役にした映画である。しかも、このロボットもスクラップ置き場から掘り出された旧式のスパーリング用ロボットで、世の流れから置き去られ、切り捨てられた元ボクサーとその息子とともに、金と権力を思うままに操るセレブが所有する最新鋭で世界最強のロボットに挑んで勝利するというストーリーだ。こちらも、社会から切り捨てられかけた社会の底辺の庶民が、金に任せ、科学技術を駆使して権力の座に居座る者に挑戦して打ち勝つ、という図式である。ここにも、弱者切り捨て社会への不満、権力と科学技術への不信、不満、古き良き時代へのあこがれと言った、現在のアメリカの世相が反映されているように思える。この2つの映画に、庶民の科学技術への冷めた目を感じるのは、考えすぎだろうか。

 ちなみに、ロボジーの主演の五十嵐信次郎は、一般公募で選ばれたと言う事であったが、どこかで見た事がある気がしていた。エンディングテーマがやけに解り易い英語で、しかもちょっとシロウトっぽいけどうまいので、誰がうたっているのかと思ったら、五十嵐信次郎+シルバー人材センターとある。ひょっとしてとネットで調べたら、五十嵐信次郎とは、ミッキー・カーチスの本名だった。してやられた、まんまと策にはまってしまった。宣伝法も凝っている。

2011年12月18日 (日)

Mission Impossible-Ghost Protocol: ドル箱シリーズの面目は一応保ったけれど

 今年は夫婦共に忙しく、一緒に映画を見に行く機会が中々取れなかったが、久しぶりに時間が取れたので、寒い中、トムクルーズの人気シリーズ「ミッション・インポッシブル」4作目を見に行った。前作から5年もの時間が空いたので、トムクルーズも肉体的に限界に近付いたのかと心配したが、老いを感じさせる事なく、手に汗握るアクション満載だった。その点では、ほぼ期待通りと言って良いだろう。しかしながら、今日は公開2日目だったにも拘わらず、劇場は8割の入り。公開前のTVなどでの宣伝も、前作程には力が入って居ない様に感じるのは、気のせいだろうか?

 今回の主な舞台はモスクワ。ロシアの核ミサイルの発射コードを手に入れ、人工衛星をジャックして米―ロの核戦争を企てる狂信的物理学者テロリストらの動きを察知してクレムリンに侵入し、その動きを阻止しようとするが一足遅く、クレムリン爆破の濡れ衣をかけられてしまう。米政府は、事件への関与の疑いを避けるため、イーサン(トムクルーズ)チームの登録を抹消してしまう。イーサンらは、ロシアの警察に追われながらテロリストらを追いつつ、ドバイ、インドと世界を駆け巡る。ドバイの超高層ビル、高速、インドの駐車場と舞台を変えつつ、衰えを感じさせないアクションを見せたトムクルーズだが、アクション以外の部分でのトムクルーズのストーリーへの絡み具合が何となく物足りない。むしろ、助演のポーラ・パットンやジェレミー・レナーの方が、絡みが深い気がした。トムクルーズの年齢(49)を考えても、次作が正念場かもしれない。

2011年10月24日 (月)

カウボーイ&エイリアン。悪くはないけど、やや無理があるかな

夏から秋にかけて、海外調査と野外実習で、なかなか映画を見に行けなかった。今日(23日)も、やる事が色々あったが、時間をやりくりして3ヵ月半ぶりに映画に行った。昨日封切りの「カウボーイ&エイリアン」だ。スピルバーグ総指揮でダニエル・クレイグ主演、ハリソンフォード助演ということで、猿の惑星:ジェネシスと迷った末に選んだが、封切り2日目にして劇場はガラガラ。これでは1週間で打ち切りになりそうである。

映画は、記憶喪失のお尋ね者ロネガン(ダニエル・クレイグ)が荒野で倒れているところから始まる。ロネガンは、けがをした状態で近くの街にたどり着くが、そこで街の有力者ドルハイド(ハリソン・フォード)の息子とトラブルになる。二人が保安官に逮捕され、護送されようとしたところに突如宇宙船が現れ、街を攻撃し、人々をさらうのである。宇宙線の様子は「未知との遭遇」を思い起こさせ、それにエイリアンと西部劇が加わるのである。1粒で3度おいしい、と言えない事もないが、どちらかと言えば、余り一緒にする必然性がない物をごった煮にしている感が強い。ダニエル・クレイグやハリソン・フォードはそれなりに見せてくれるので退屈はしないが、無理に宇宙物のSFと西部劇を一緒にしなくても、という感想は否めない。まあ、可もなく不可もなく、と言ったところでしょうか。

2011年7月23日 (土)

フィンランド航空機内で久しぶりに映画三昧

711日に揚子江調査からもどってから、今日(20日)、INQUA(国際第四紀会議)出席のためベルンに出発するまでの8日間は実にあわただしかった。学会の準備の時間がとれず、出発前日の昨日も、夜の10時までかかってやっと印刷を終えた。こんなに間際までドタバタしたのは、久しぶりである。今朝は4時半起きだったため、睡眠は4時間足らず、おまけに台風接近で雨の中を空港まで行かねばならず、予定通りAY076便が成田を飛び立った時には正直ほっとした。そうなると、次に気になるのが機内映画である。エコノミーにも各座席に液晶画面がついているので映画は見られるようだが、どんな映画が見られるのかメニューもなければリモコンの説明もない。ともかく試行錯誤で映画の選び方を発見したが、タイトルを知っている映画がほとんどない。ヨーロッパの映画が多いようだ。

その中で、Unknownという映画が印象に残った。ドイツ語の映画だったが、日本語吹き替えで見た。映画は、アメリカからベルリンに来た中年の生物化学者とその妻が、空港からタクシーでホテルに向かう場面から始まる。妻がチェックインしている最中、夫が荷物が一つ足りない事に気づく。そして、その荷物を探しにあわててタクシーで空港に戻る途中で事故に巻き込まれてしまう。タクシーのドライバーはなぜか美しい女性で、一瞬アバンチュールを期待させたが、前のトラックから落ちてきた積み荷を避けるためにハンドルを切りそこない、川に転落してしまう。男(学者)は気を失い危うく水死しかけるが、女性ドライバーが必死に彼を救いだす。男は一命を取り留めるが、記憶を無くしてしまう。病室でテレビのニュースを見ていて自分が生物化学者であった事を思い出し、ホテルに戻るが、そこには自分の名を名乗る見たこともない男がいた。しかも、妻も自分の事を見たこともないと証言する。男は、自分が問題の生物化学者であることを証明するために、女性ドライバーを探し出す。しかし、見知らぬ男たちから命を狙われはじめ、二人の逃避行が始まる。そして、謎が徐々に解明されるにつれて、男自身も忘れていた意外な自分の正体が明らかになってゆく。

スリルとサスペンスがほどよくバランスし、それにロマンスも加味されて、先ず先ずの出来と言えるだろう。ただし、途中、ワインを飲んだために睡魔におそわれて一部記憶が飛んだためにこの映画を2度見たが、細部では場面間に矛盾する点もあるようだった。