« 「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」は、文句なくおすすめだね | トップページ | 「文明と環境」研究の新しいうねり »

2012年5月 6日 (日)

「宇宙兄弟」は予想外に面白かったね

連休の中でやっと晴れた5日、多摩川でジョギングをしたあとに家内と映画に行った。家内が、小栗旬がいいと言うので、まあ子供向けの映画だろうと余り期待もせずに「宇宙兄弟」を見た。子供の頃にUFOを見たのがきっかけで、宇宙飛行士を目指してその夢を術限させる兄弟の話だ。夢を迷わず追い続けて一足先に宇宙飛行士になった弟を演じるのが岡田将生、一旦夢を諦めて就職をするが、弟に刺激されて再び宇宙飛行士を目指す兄を演じるのが小栗旬だ。単純で子供向きのストーリーではあるが、大人でも楽しめるよう、いろいろ工夫がされていた。特に面白かったのが、6人の宇宙飛行士候補者を密室で共同生活させて適性を見る場面だ。JAXAの全面協力で施設は本物。多分、JAXAでは本当にこの様な訓練が行われているのだろう。それぞれのメンバーの微妙な心理状況や追い詰められた状況下での反応がよく描かれており、つい、学生の教育の三校になるのではという目で見てしまった。全体としてストーリーも良く練られており、十分楽しめた。しいて気になった点を言えば、月面での場面を、地球の重力を感じさせぬ様にもう少し工夫して欲しかった事と、弟が助かってからあとの場面を、余り説明しすぎず、余韻を残して終わって欲しかった事であろうか。

« 「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」は、文句なくおすすめだね | トップページ | 「文明と環境」研究の新しいうねり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564454/54644513

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙兄弟」は予想外に面白かったね:

« 「マーガレット・サッチャー鉄の女の涙」は、文句なくおすすめだね | トップページ | 「文明と環境」研究の新しいうねり »