« Stager et al. (2011) Science, 331, 1299-1302 ハインリッヒ・イベントに伴うアジアーアフリカ域の著しい乾燥化 | トップページ | Tokinaga and Xie (2011) Nature Geo., 4, 222-226 人間活動の気候への影響はCO2だけとは限らない »

2011年4月25日 (月)

GANTZ 残念ながら俗悪映画と言わざるを得ないかな

前作GANTZに続いて、GANTZ Perfect Answerを家内と二人で見てきた。初日ということもあり、行きつけのシネコンで最大の500席ある部屋が中学、高校生を中心とした観客で満員だった。二宮和也(嵐)と松山ケンイチら、今人気絶頂の若手俳優が主役ということもあり、今季最も人気の映画ということだったので、「後学のために」見に行った。ストーリーは、「事故などで一度は死んだ人々が、GANTZと呼ばれる黒い玉に呼び戻され、「星人」と呼ばれる敵と戦う」という単純なもので、息をもつかせぬスリルとアクション、主役2人や吉高由里子のノリのよい演技でそれなりには見せるのだが、不必要に残虐なシーンが多く、「星人」と呼ばれる敵を虫けらのごとく殺し、人間(一度死んだ人間も含め)の側も同様にどんどん殺される。娯楽映画であるから、高邁なメッセージを求めるつもりはないが、悪趣味で、救いようのないストーリーと言わざるを得ない。同じ人気俳優の岡田准一が熱演するSPシリーズとは、その点が大きく異なる。これが、なぜ若者に人気があり、熱狂的な支持を得るのだろうか?つまらない訳ではないが、割りきれなさ、後味の悪さが残る。理不尽で救いようのない今の社会を自嘲的に表現しているということなのだろうか?

« Stager et al. (2011) Science, 331, 1299-1302 ハインリッヒ・イベントに伴うアジアーアフリカ域の著しい乾燥化 | トップページ | Tokinaga and Xie (2011) Nature Geo., 4, 222-226 人間活動の気候への影響はCO2だけとは限らない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564454/51486993

この記事へのトラックバック一覧です: GANTZ 残念ながら俗悪映画と言わざるを得ないかな:

« Stager et al. (2011) Science, 331, 1299-1302 ハインリッヒ・イベントに伴うアジアーアフリカ域の著しい乾燥化 | トップページ | Tokinaga and Xie (2011) Nature Geo., 4, 222-226 人間活動の気候への影響はCO2だけとは限らない »