« 「空白の五マイル」 人は何故、冒険に命を賭けるのだろう | トップページ | Amstrup et al. (2010) Nature, 468, 955-958 CO2排出削減で北極グマを救える? »

2011年3月 6日 (日)

「ツーリスト」 期待以上と言っても良いかな

アンジェリーナ・ジョリーとジョニー・デップの夢の共演と鳴り物入りで封切られた「ツーリスト」。こういう”鳴り物入りの共演”には、ガッカリさせられる事が結構多いのだが、この映画は、期待通り、いや期待以上だったかもしれない。舞台は水の都ベニス。アンジーは、美しく魅力的でミステリアスな女性エリーズを、ジョニーは、アメリカの田舎町から来た少し垢抜けない数学教師の旅行者フランク役を演じている。当たり役の「トゥームレーダー」シリーズや前作の「ソルト」では、派手なアクションで観客を魅了したアンジーだが、この映画ではうって変って謎めいた女性エリーズをしっとりと演じている。一方、ジョニーが演ずるフランクは、ベニスに向う列車の中で訳ありげな謎の女性エリーズに声をかけられる。そして、犯罪の闇に徐々に引き込まれてゆく。うだつの上がらない30男にしか見えなかったフランクが、徐々に優しい男性の魅力を帯びてくる。一方、フランクをただ利用するだけのつもりだったエリーズは、徐々にフランクに好意を持つようになる。恋あり、サスペンスあり、アクションもちょっとありで、ほど良いテンポで物語は続いて行く。サプライズもありで最後まで目が離せない。アンジーやジョニーのファンでなくとも十分楽しめる映画である。

« 「空白の五マイル」 人は何故、冒険に命を賭けるのだろう | トップページ | Amstrup et al. (2010) Nature, 468, 955-958 CO2排出削減で北極グマを救える? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564454/51051665

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツーリスト」 期待以上と言っても良いかな:

« 「空白の五マイル」 人は何故、冒険に命を賭けるのだろう | トップページ | Amstrup et al. (2010) Nature, 468, 955-958 CO2排出削減で北極グマを救える? »