« Negre et al. (2010) Nature, 468, 84-88 | トップページ | Cruz et al. (2009) Nature Geo »

2010年12月29日 (水)

暮れは映画三昧

先日、暮れの週末に映画をまとめて5本見た。見たのは、「ロビンフット」、「相棒II」、「トロン:レガシー」、「バーレスク」、そして「最後の忠臣蔵」だ。人の好みにもよるだろうが、特にお勧めは、バーレスクだ。何の予備知識もなく見たのだが、主演のクリスチーナ・アギレラのパワーと歌唱力、そして演技に魅了された。また、助演のシェールも久しぶりに見たが、益々妖艶で、まだまだ現役というのを見せつけた。ストーリーはどうという事もないのだが、まあ、コンパクトにまとめたサクセスストーリー。話が進むにつれてクリスチーナがどんどん綺麗になってゆく。すっかりファンになってしまい、翌日CDを買ってしまった。

「ロビン・フット」は、タイトルからくるイメージとはストーリーが随分違うが、ラッセル・クロウがしっかり見せてくれる。「相棒II」も期待通り。ストーリーとテンポのよさで十分楽しめた。「最後の忠臣蔵」も日本人好みの忠義と口に出さない優しさ、思いやりでジワーッとさせるが、終わり方が私の好みではない。でも、まあ合格点だろう。「トロン:レガシー」は、まあこんなものでしょう。平均点に達するかどうかというレベルだった。

« Negre et al. (2010) Nature, 468, 84-88 | トップページ | Cruz et al. (2009) Nature Geo »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564454/50428158

この記事へのトラックバック一覧です: 暮れは映画三昧:

« Negre et al. (2010) Nature, 468, 84-88 | トップページ | Cruz et al. (2009) Nature Geo »